FC2ブログ

Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キラキラ光る

こんばんは。五月も終わりそうになっていたので、慌てて更新しようと思いました。


・『梅雨と五月病』は一応完成してるんですけど、諸事情でアップロードが遅れてしまいそうです。
 というのも、『梅雨と五月病』は部誌に載せるお話なんです。それで、その部誌というのが今までと違って特別で、同じ大学のイラストサークル(僕が所属しているのは文芸部です)と合同で発行する、という形になっています。
 文芸部の書き部員たちが書いた小説を、イラストサークルの方々が読んで、挿絵を付けるという感じなんですが、
そこで問題になったのが、「ウェルくん(僕)の小説はいつもクソ長いから、読む側の負担になる」という、嬉しいんだか哀しいんだかよう分からない点だったわけです。
 そんなわけで、名目上、書き部員全員に「小説は20P(2万字)に収めて書くこと」という御達しが下されたのですが、まぁこの規制に引っ掛かるのは僕だけなわけで。
 そんなわけで、僕は20Pに収めるよう、出力を大幅に抑えて書かなければならなくなってしまったのです。
 まぁそれはそれでいいしもう完成もしたのですが、やっぱりインターネット上にアップロードする小説は、そんな縛りに囚われない、十全なものにしたいんです。なので、20Pに抑えられた『梅雨と五月病』から、足りない部分を書き足した『梅雨と五月病完全版』を書いています。


・HPはそのうち消すことにしました。
 今になって、過去の作品を読み返してみると、「これはなんか違うんじゃないか」みたいな思いが滲み出てしまって仕方ないのです。
 というか、周りがボカロ曲作ってたり、ゲーム作ってたりする中、俺だけ明らかにレベルの低いことしてんなぁ、と自分を殺してしまいたいほど自己嫌悪に陥りました。クッソしょうもないことをして悦に浸ってても滑稽なだけなので、暫く修行僧になることにします。
 一応自分なりに「どうすれば成長するんだろう」みたいなことを考えては実践しているんだけど、まずそのための土壌がボロボロだったのだ。
 一度まっさらな更地に戻った方が良い。大型のショベルカーを持ち出して、僕は過去を清算する。


・僕みたいな凡百な人間が生きていく上で、特技は二つ以上あったほうが良い。一つは小説でいいとして、もう一つ、絵の修練をしたいと思っているし、実行に移している。
 この話が今も有効なのかどうか怪しいが、僕は『俺達キチーズ』というチームに属していて、メンバーの就活が終わったらゲーム作りを再開することになっている(はず)。
 そのメンバーでは、一人の力量が突出し過ぎていて、あまりにバランスが悪いというか、その一人に負担が集中し過ぎていて、不甲斐ないやら申し訳ないやらで居ても立っても居られなかった。
 ちょっとでも自分が背伸びすることで、負担が分配されればいいなって思っているし、そういう機会がなければ僕は永遠に動かないのだろう、とも思う。


・言い訳を積み重ねたって、誰かのせいにしたって、それは何の役にも立たない。誰かに肯定してもらったところで、現実はこれっぽっちも変わらないんだ。
 「今」を一番疑っているのが自分だとしたら、「今」を変えるべく動かなければダメだ。
 今を変えられるのは、今しかないんだよな。どうしてそんな簡単なことにも気づかなかったのかな。
 どうか、引き攣ったようなへたくそな笑顔のまま、貴方が待ってくれていますように。
スポンサーサイト

| 日常 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/640-370d6044

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。