FC2ブログ

Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【スパ帝国】ウォータイムエコノミー攻略【アメリカ編】

こんにちは。スパ帝国さんのウォータイムエコノミー攻略、その3です。
この記事はウォータイムエコノミーを所持&ルールを理解している方に向けて発信しますので、それ以外の方には意味が解らないと思います。


もちろんこれはダイスの目次第で戦略が大きく変わるゲームなので、大雑把な事しか書けませんし、この攻略法に沿ったからクリアできる保証もありません。

また、このゲームは自分で攻略法を編み出し、工夫したりジレンマに悩んだりするのが面白いゲームなので、一度クリアしてから見たほうが楽しめると思います。
あとは、何百回もやってるのにどうしてもクリア出来ないよ!って人が見てくれれば。

目指せソロゲーム、60点以上。

アメリカ

史実での最強国、アメリカ。ウォータイムエコノミーでもその強さっぷりは健在です。
イタリアや中国が初心者でもクリアできる国とすれば、アメリカは高得点をたたき出しやすい国と言えるでしょう。そして行動をテンプレ化し難い国でもあります。出目によって、柔軟に戦略を変えていく必要があります。
さて、アメリカの強さはどこにあるか見てみましょう。
まず目に付くのが軍事技術です。二回の強化で+3、三回の強化で+5になります。他の国が基本的に最大+3なのを考慮すると、とんでもない差です。
その割に、技術を上げるための費用もお手軽価格。最大まで上げるのに9しかかかりません。これは日本の6に次いで二位です。その上で+5の破壊力ですから、その凄さを理解して頂けると思います。(時期の都合上、拡張パック組は計算に入れてません)
もう一つの強みは、インフラを増やすたびに勝利点を貰えるという事です。軍事技術を予め上げておけば、$1で一気に勝利点をゲットできます。美味しいです。
弱点は、徴兵で得られる勝利点が少ない事です。最弱です。おまけに生産に掛かる費用も$6と、中国と並んで最多。しかし軍事技術の強みのおかげであまり気になるところではありません。
では早速、クリアを目指してみましょう。

アメリカはラストターンで徴兵3連打前提となります。そこから逆算して作戦を組み立てていきましょう。
まず、ラストターンに徴兵(勝利点8)×3=24、残りの一つで生産(ダイスの目5と仮定)で10、さらにボーナス込み(6)で、(生産の出目で多少前後しますが)40点稼げます
準備を万全にすれば、40点も稼げるのです。クリアのビジョンが見えてきました。
これを実現するのに必要なこと(6ターンで行うこと)は、
・お金を$6以上残しておくこと
・労働力を4にしておくこと
・インフラを最大にしておくこと
・軍事技術を最大にしておくこと
・20勝利点稼いでおくこと

の五点です。

さて、この国の立ち上がりは決して早いとは言えません。ですので、ボーナスを取るのは容易ではありません。
アメリカに必要なのは資金です。大きい目が出たらなるべく徴収に振るのをオススメします。
弱い目は軍事技術やインフラに振り分けましょう。
初手は軍事技術向上と徴税がオススメです。小さい目しか出なかったら、已むを得ないので徴税をインフラに変えるのも有りです。
バトルオブフランスは取れなくて当たり前です。スターリングラードも同じくです。
パールハーバーを取るために徴兵をして労働力±ゼロにするのは有効な戦術です。労働力減少のデメリット無しに勝利点を稼げるのは美味しいからです。

あとは上手く生産、徴兵、建築を駆使して少しずつ勝利点を稼ぎつつ、6ターン目が終わるまでに労働力、インフラ、軍事技術をマックスまで伸ばしましょう!(投げやり)

……

「攻略」という割には簡素なアドバイスしか出来ませんでしたが、どうでしょうか。ラスト一ターンに40勝利点稼げると解かれば、アメリカという国は意外にシンプルなのだ、と気付けるはずです。


最後にアメリカという国についてまとめておきましょう。
・軍事技術+5を背景に、最終ターンの圧倒的爆発力を期待できる
・内政を整えるのに必要な費用が比較的安価なため、軍事技術+5も決して難くない
・インフラを増やすたびに勝利点を得られる(ただしこの効果を最大限活かそうとしてインフラ整備を後回しにすると労働力確保が間に合わなくなる)


アメリカは勝利点大量獲得というカタルシスを得られる、とても楽しい国です。ウォータイムエコノミーの醍醐味と言ってもいいかも知れません。
後半の爆発力を実現するため、たっぷり時間を使って内政を整える……。まさしく史実同様です。後半のアメリカに太刀打ちできる国など、皆無でしょう。


イタリアや中国と違い、ダイスの出目によって戦術を変えざるを得ないため、今までほどの攻略法は書けませんでした。
恐らく今後は攻略のヒント程度の情報になってしまうとは思いますが、どうかご容赦下さい。
スポンサーサイト

| ウォータイムエコノミー | 02:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

拡張は?

はじめまして。「ウォータイムエコノミー」について調べていてこのサイトを見つけました。
このゲームを研究している方がいたとは!
タイトルが示す通り、既に拡張パックでさらに12カ国が追加されていますが、そちらは持っているのでしょうか?

| しゃみ・ぺけぺん | 2014/03/25 09:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/630-7b6743fb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。