FC2ブログ

Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じゆうしゃ

じゆうしゃ


ある城下町に、勇者が居た。
彼は、王様の命を受けて旅に出る事になった。
王様は、勇者に雷撃を付与する伝説の剣と、どんな攻撃も通さぬ鋼鉄の鎧を授け、
さらに宝箱一箱分の金貨と、あらゆる街の施設のサービスを無料で受けれる特権まで与えた。
さらに多くの必需品や特需品を授かり、しかも特別な訓練を受けてレベルまでアップした勇者は、
万全な状態で旅立った。

果たして勇者は、自由すぎる世界に困惑し、魔王領の奥深くまで立ち入った挙句、道に迷って餓死してしまった。

物事には順序というものがあり、制限された選択肢の中、それらを一つ一つ紐解いていく事で道は開ける。
初めから多くの選択肢がありすぎると、どれから手をつけていいか分からず途方に暮れてしまう。
強すぎる装備は無謀な攻めを敢行させ、有り余る資金は街さえ発見できればどうとでもなるという驕りを生んでしまった。

by2012/6/15




そんなことって、許せるか。どこへなりともいきな。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/572-fb147c79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。