Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リンカーネイションを解釈してみた

リンカーネイション(kemu)を解釈してみました。




作詞:kemu
作曲:kemu
編曲:kemu
唄:GUMI・鏡音リン(調声:おればななP)

青 歌詞
赤 解釈

曇天の大都市に 耳鳴りがぱちり 
願ったり 縋(すが)った覚えなど 無いけど
曇り空の大都市で、耳鳴りが響く。
おかしいな、何かを願った覚えはないんだけど。
(敗北の少年の主人公が、突如転生する)

 
大事変混沌の立役者 演者  
記憶とさ 傍(はた)迷惑の 継承
蘇った身体に刻まれた記憶は、『装置』の開発者のもので、
はた迷惑な風評まで継承しちゃってる


汚れてしまった世界で
止まない雨に 嗤(わら)ったり
灰に変わった世界で 確か
有限を夢見たんだ
『装置』のせいでおかしくなった世界で、
イカサマの少年が死ぬ間際に嗤ったり、(イカサマライフゲイム)
永遠の命を持った少年が灰色の世界で佇んでいる風景が脳裏に浮かび、(地球最後の告白を)
『装置』のない世界を夢見たんだ


最終走者(アンカー)は走る 結末へと
終わりにしようか ここらでさ
皆の願いを胸に抱いて走る。『装置』のない世界を目指して
すべて終わりにしよう、もうこんな世界はこりごりだ


たった一度のイレギュラー
少年は完全を拒んだ
奇跡も何も 無い世界で
ブラウン管の夢を 見れたなら
なんて素敵な事でしょう
神は 今 標的と為(な)る
皆が皆、『装置』に願いを叶えて貰う世界で、
たった一人だけそれを拒んだ敗北の少年。
その結果、彼の無意識下の願いが『装置』によって叶えられる。
「装置のない世界を創る事」
多くの者が『装置』によって不幸にされる中、ついに『装置』自身が自分の力の標的と為った

転生神童の解答や 如何(いか)に
今更 平凡に恋焦がれたり
人生リセットボタンの少年の解答(=僕がいない世界)は正しかったのか?
いまさら平凡が良かっただなんて。


交差点喧噪(けんそう)に 少年がぽつり
何卒(なにとぞ) 後は宜(よろ)しくと
透明人間の少年が交差点でポツリと立っている
「僕はもう忘れられてしまってるけど、後の事は頼んだよ」


二人ぼっちの世界で
最後に手にした林檎は
たいそう調味料の味がして
愛しく思えたんだ
六兆年と一夜物語の二人は、二人だけの世界でアダムとイヴとなり、
死ぬ間際に林檎を手に取った


最終走者(アンカー)は走る 結末へと
主役の残骸(ざんがい)を 踏みつけて
アンカーは走る、終わりに向けて。
これまでの動画の全ての主人公たちから託されたバトンを胸に抱き、


地球最後のチャンスは
存外無責任に託された
『装置』を壊せる最後のチャンスは、
自殺した開発者から無責任に僕に託された。


奇跡も何も 無い世界で
おとぎ話だって 嗤(わら)えたら
なんて素敵な事でしょう
神は 今 標的と為る
『装置』なんて無い世界で、これら全部御伽噺なんだって言えたなら、
それが一番素敵な事なんだ。(これは視聴者を指している?)



泥沼掻(か)いて網にかかって
人生リセットの泥沼に嵌ったり
祭り上げんだ 天才偶像
何度も繰り返して天才を祭り上げたり、
どの道寒い延命処置で
未来予知で危険を回避したり
イキがれなんてさ もう嫌だ
そんなもので喜んだり調子に乗るなんて、もう嫌だ!


カミサマずっと一人でさ
出来っこ無い理想(ゆめ)を追いかけて
馬鹿な僕らにゃそもそも
飴は いらないんだ
『装置』の開発者はずっと、出来もしない理想を追いかけて、
だけどそれを貪欲に使ってしまう僕たちには、そんな甘い『飴』はいらないんだ


最終走者(アンカー)は走る 結末へと
終わりにしようか ここらでさ
夢を見るため僕らは
夢の無い世界を望んだ
皆の願いを胸に抱いて走る。『装置』のない世界を目指して
すべて終わりにしよう、もうこんな世界はこりごりだ
夢を潔白で素敵なものとして夢見続けるために僕たちは、
薄汚れた夢なんていっそない世界を望んだ


奇跡の匣(はこ)が 無い世界で
それなりに生きて 死ねたなら
なんて素敵な事でしょう
神は最終章の今 標的と 偽(な)る
『装置』のない世界で、普通に生きて死ねるなら、
それより素敵な事はないだろう
神は最後、自身の標的と為る










わかりやすく書くと、
敗北の少年は『装置』からさしだされた願いを拒む。
そして、「こんな装置のない世界」を願う

カミサマネジマキの開発者が自殺した後、その姿(これは曖昧)と記憶を継いで、
装置の破壊へと走り出す……。

カミサマネジマキは、願いを叶えた者を不幸にする性質があって、
カミサマネジマキ自身がその性質の標的になってしまった!的な。

こんな感じじゃないかなぁ、と思いました!
過去の登場人物が動画内に出てくるのは感動ですね。
間奏の間、歯車が回るシーンがありましたが、文字通り『歯車が噛み合った』状態で「うおお……」と唸ってしまいました。

ちなみに僕がカミサマネジマキを手に入れたら、『文才』を望みます。
そして文章を書く手が止まらなくなって衰弱死してしまうんでしょうね。何だかださいな。


人生リセットボタン
インビジブル
イカサマライフゲイム
六兆年と一夜物語
スポンサーサイト

| 解釈 | 02:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今までみた中で一番わかりやすい。

| 殺伐名無しさん | 2015/09/15 21:51 | URL |

とてもわかりやすい解釈です、初心者の私でも理解しやすかった^^

| みくろ | 2013/06/10 20:51 | URL |

完全を拒んだの所は今までの歌の記憶を覚えていて完全になる方法を知ってるのにしなかったと言うことだとおもいます、あと継承したのはKEMU BOXX(奇跡の匣)だとおもいます わかりやすい解釈ありがとうございました。

| カエル | 2013/05/18 15:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/567-fbe213a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。