FC2ブログ

Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年地球が爆発するなら勉強なんてしなくても良いのにな

こんにちは。お久しぶりでもないです。ウェルです。

2012年も終わりそうです。
今年は色々あったなーと思いつつ振り返ると、特に何もない。
そんな一年になりそうです。

今年一番力を入れたのは、勉強と言いたいところですが案の定そんなはずもなく、
自信を持って堂々と言えるのは「HP!」でしょう。

ヒットポイントじゃないです。こう見えてゲームはほとんどやってないです。

2011年11月19日に設立したHP『黒歴史研究所』ですが、設置作品22作品を数えるようになりました!
内、今年書いた小説は18くらいでしょうか。
毎月何かしら書いている計算になります。更新履歴を眺めていると、感慨深いものがあります。

思えば、2010年7月10日に書いた処女作「君の歌声に重ねテト」の酷さは目も当てられません。
酷すぎてまともに直視すら出来ない「黒歴史の優等生」さんです。

それからこのブログで「駆け抜けろ!( ^ω^)のようです」だとか、「( ^ω^)は四天王の三人目のようです」とか、「( ^ω^)狼少年のようです」とか、ものの見事に( ^ω^)系ばかり書いてきました。

( ^ω^)系が物書きのきっかけになったのは間違いありません。
( ^ω^)系をVIPに投下した事はないんですけれども。

さてさて、客観的に見ても、主観的に見ても、初期の作品はもはや読み物に値しないのではないかと思えるくらい、酷い出来だったと思います。
それでも当時は全力で、一生懸命キーボードカタカタしていたので、その事実は胸に刻み込んでおくつもりです。

今年に入り、High―Under:Groundという作品を書き始めました。
途中「これ、ハチさんのWorlds End Umblleraに似てね!?」と思いましたが、一応ストーリーは別物です。
これが最高傑作になったら良かったんですけど、まだ完結すらしていません。
受験が終わったら、再構成の後に書ききろうと思ってます。
その時こそ、これが傑作だと言えますように……!

さて、高校三年生になり、高校のリア友ともtwitterでお付き合いする事になりました。
それまではtwitterのプロフ欄に思い切りHPのURL載せてたり、更新する度にURL付で呟いてたりしてたんですが、
私としては中学までのお友達にしか教えたくなかったので、それからはHPのURLを全て取り除いてしまいました。
それも、まず第一に自分の書くものに自信がミクロサイズもなかったからでした。

さらにこ自信無し症候群が増したのは、高校のお友達が「ボカロ楽曲を創っている」と知ってからでした。
URLは教えてくれませんでしたが、自力で探し出し、視聴してみればもうそれはガチで「創作物」でした。
文章だとか絵とかは、下手でもやろうと思えば誰でもやれる事です。
でも音楽は、それなりの知識が必要ですよね。
まずもうジャンルの差で圧倒的な違いを見せ付けられたように思い、さらにその曲が私の中で一時期ヘビロテするほどのブームを築き上げたので、「レベルが違う!」と思い、自分の活動に関しては浸隠しにする事に決めました。

というわけで、現時点までで私のHPの存在を知っているリア友は、僅か四人くらいだと思います。
しかも全員、小、中学以降の友人です。
それほどまで、徹底して隠しました。
というわけで出来るだけ詮索しないで頂けると有難いです。
私も人の事は言えないのですが。


今は、何というか自信が持てるお話も幾つかあると思います。
病棟エアポートとか、ジャッジメント・エヴィデンスは自信作です。
しかし、これでもやっぱり力量不足を感じて仕方ないです。

ただ、去年までと比べて、かなり力が付いたとは思っています。
同世代の中でも中の上か、もしかしたら上の下くらいの文章力はあったりするかな、と思えるくらいには。

世界にはもっとすごい人がたくさんいますから、そういう意味でも私は有象無象の一人です。
せめて上の上だ!と自信を持って叫べるくらいまでは成長したいものです。

目標はいつも身近にいるものです。
中学の頃から、目標にしている人もいます。
追いつこうと背伸びしても決して届かない存在ですが、いつかは追いついてやろうと建策しています。

中学では有り余る才能を持っている人がたくさんいたなぁ、とぼんやり考えています。
どちらかと言えば、私のライバルは中学の時の同級生の皆さんなのかも知れません。




さて、何が言いたいのかあやふやなまま、ここまで書いてしまいました。
傍から見れば、「何言ってんだこのチューニビョーは」といった具合ですが、至ってマジメです。

さて、まだまだ書きたい題材もたくさんあります!
というか未完結作品も終わらせなければいけないな、と思っていますし、大学生になっても勝手に忙しい毎日に溺れる事でしょう!

この前、Yくんと話した「クリエイターグループを作るの楽しそうじゃね」というその目標も視野にいれ、
勉強と両立させながら精進していこうと思います!




※( ^ω^)系とは、2chVIPで一時期流行した小説形式。
( ^ω^)やξ゚⊿゚)ξ、('A`)など顔文字をキャラクターに見立てるスターシステムで人気を博した。



~2012

――――――――

君の歌声に重ねテト/完結

駆け抜けろ( ^ω^)のようです/連載中

( ^ω^)は四天王の三人目のようです/連載中

( ^ω^)狼少年のようです/完結

蒼月の姫/連載

椅子取りゲーム/完結

High―Under:Ground/連載

必然の奇跡/完結

白い少女と神様/完結

白黒回廊/完結

王子と四人の姫/完結

山羊さん垂βイ更/完結

Apple Lost/完結

カッター少年/完結

fool birthday!/完結・4/1限定公開

レヴァリエ/連載

ReverScreen/完結

泣き虫レイニー/完結

将棋/完結

病棟エアポート/完結

摩天楼/完結

Accel Sky/完結

『私はケモノで、貴女は姫で。』/完結

少女と猫と宇宙地図/完結

ジャッジメント・エヴィデンス/完結

――――――――

非公開/ある程度完成

Silent Closed Girl(少革第一話)/半分完成

曖昧なI,My、逢迷な愛舞い(少革第三話)

――(少革最終話)/完結済

('A`)は戦いの終焉を守るようです/完結済

世界の扉を開ける鍵

アストロノーツ

Church Ceremony


スポンサーサイト

| 未分類 | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/553-855ad50e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。