Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

( ^ω^)が四天王の3人目になるようです

あらすじ

四天王1人目ジョルジュがドクオに敗北。
四天王が三天皇になっちゃったと思ったら……驚きの新展開、新感覚!!
愛と友情のスペクタルSF小説、( ^ω^)が四天王の3人目になるようです まだまだやるよ!



ラウンジ公民館 「四天王の会議室」

ジョルジュが敗北したあの日の夜、ジョルジュは電車に乗って帰ってきた。

( ゚∀゚)「終電に間に合ってよかった~」

どうやら隣町まで吹き飛ばされたらしい。
幸い木に引っ掛かり、重い怪我はないようだ。

( ゚∋゚)「まぁ、お疲れ様です。ジョルジュさんの出番はしばらくないですが、後々登場する予定なので一応ここに居て下さい」

( ゚∀゚)「りょーかい」

( ゚∋゚)「それでは、ビデオ撮りますね。」

部屋が暗くなり、ブーン、ツン、ショボンがそれぞれ用意をする。

( ゚∋゚)「TAKE1!」

(::::::)「ジョルジュがやられたようだな…」

(´◉◞౪◟◉)「フフフ……奴は我らが四天王の中でも最弱……」

ξ:::)ξ「勇者如きにやられるとは、四天王の面汚しよ」

( ゚∋゚)「はいOK!! いいねえ!! それじゃ、お疲れ様でしたー!」

「お疲れっすー」

今日の仕事も無事、終わりました。




次の日

休日だったので仕事はお休み。

ブーンは久しぶりに地底湖でゆっくりしています。

( ^ω^)「ようやく顔が戻ったお」

( ^ω^)「ネッシーも居ないし、暇だお」

( ^ω^)「1人モノポリーでもするかお」

ブーンは1人でモノポリーを始めました。


( ゚∀゚)「おーい、ブーン。いるかー?」

そこにジョルジュがやってきました。

( ^ω^)「4人いるおー」

( ゚∀゚)「お、モノポリーじゃん。1人4役とか寂しいなwww」

( ^ω^)「モノポリーやるお?」

( ゚∀゚)「いや、じつは外にショボンとツンがいるんだけど、どっか出かけね?」

( ^ω^)「いくお!」

( ゚∀゚)「んじゃ、行こうぜ」

地底湖から出ました。

ξ゚⊿゚)ξ「遅いわよ」

(´・ω・`)「やあ」

( ^ω^)「お腹すいたお!」

( ゚∀゚)「飯行く?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。お昼時だし行きましょう」

(´・ω・`)「いい男を食べたいな」


4人は近所のラーメン屋「ギコメン」に行きました。

(,,゚Д゚)「へいらっしゃい!!」

ギコメンの店主のギコはイケメンで定評があります。
略してギコメンです。ギコギコしている顔じゃないです。

(,,゚Д゚)「悪いね~、6人で相席になっちゃうけどいい?」

(´・ω・`)「構いませんよ。それよりギコさん、あとで僕と楽しいこt」

ξ゚⊿゚)ξ「早く行くわよ」

ツンがショボンの髪を掴んで引っ張りました。
50本くらい抜けました。


('A`)「で、なんで」

('A`)「お前らと相席なのおおおおおおおお!!??」

川 ゚ -゚)「お、よう四天王」

( ゚∀゚)「状況がいまいち掴めねえ。なんで魔王様と勇者が一緒にラーメンすすってんだよ!?」

川 ゚ -゚)「いや~、ごめんね~。四天王の事とかばらしちゃった☆」

ξ゚⊿゚)ξ「とりあえず1から説明しなさい!!」

川 ゚ -゚)「いや~、ラーメン食おうと思って入ったらドクオが居て~。勇者様かっこいい~って感じで近づいて~。
気づいたら洗いざらい喋ってた」

('A`)「コイツが勝手にペラペラ喋り始めたんだよ! 俺は何もしてねえからな!」

(´・ω・`)「どうするよ。クックルさんの隠蔽工作が無駄に……」

( ^ω^)「腹減った」

川 ゚ -゚)「ま、過ぎた事だし、この際勇者と交流深めてもいいんじゃなーい?」

ξ゚⊿゚)ξ「敵と交流深めてどうするのよ……」

( ^ω^)「腹減った」

ξ゚⊿゚)ξ「空気嫁」

川 ゚ -゚)「はいドロン」

クーはラーメンの汁を一気に飲み干すとお代を置いてそそくさと店を出て行きました。

('A`)「あー、ええと。まぁ今戦うとか無しな?」

( ;ω;)「お腹すいた……」

('A`)「とりあえず何か食え!」


10分後

('A`)「でさ~、勇者に与えられた装備が竹刀とぼろいTシャツと500円。ふざけてるよな?」

ξ゚⊿゚)ξ「勇者もけっこう大変なのね~」

('∀`)「そうなんだよ。お陰でバイトしなくちゃいけないしさ。大変だよ」

けっこう仲良くなってました。

('A`)「ああ、あとお前大丈夫か?」

( ゚∀゚)「ん? ああ。怪我はないぜ」

('A`)「悪いね。けっこう燃えちゃってさ」

( ゚∀゚)「またそのうち出てくるからよろしく」

('A`)「パターン的にこっち側にきそうだな」

( ゚∀゚)「かもなwww」

(´・ω・`)「次、お手柔らかに頼むよ」

('A`)「お前が二人目なのか。まぁボチボチよろしくなー」

(´・ω・`)「あとで気持ちいい事しない?」

('A`)「えっ?」

( ^ω^)「おっおっ、店員さんだおー」

('∀`)「おまwwwタマゴピザじゃんwwwなに? 四天王なのかよwww」

( ^ω^)「タマゴ美味しいおー」

('∀`)「これからもご贔屓頼むぜ」

( ^ω^)「もちのろんだお」

('∀`)(まだまだ絞れそうだぜw)

( ゚∀゚)「で、ドクオはこの後暇か?」

('∀`)「ああ」

( ゚∀゚)「遊びに行こうぜ」

('∀`)「おう!」

( ^ω^)「カラオケ行くお!」




東方厨、アニソン厨、ガチホモ、ボカロ厨、ドナ厨がカラオケでバカ騒ぎして機材をぶっ壊したのはまた別のお話。


ちょっと疲れた。
あとで手直しするかも。
今日で完成は無理そう。

でももう半分以上終わったから後は勢いで頑張る。
スポンサーサイト

| ( ^ω^)が四天王の3人目になるようです | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://werueru.blog28.fc2.com/tb.php/381-4b34f730

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。