Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

てきとうに設定を考えた

↓こんな感じのデバイスで武器を召喚したり、技を使ったりするSFもの。



It started.  起動しました

Please choose a operative method program.  術式プログラムを選択してください

operative method【Proximity】   近接術式
Summons ―【HELL Blade:Lv.9】 召喚 ヘルブレード レベル9
Detail――【sword/Fire/6:00】 詳細 剣 炎属性 持続時間6分
Cost―――【80/220/350】    消費 80P 現在のポイント=220P ポイントの最大値=350P
Result――【140/350】     結果 140P残ります
      =clear          ポイント条件をクリアー

target――【codename:weru】  対象 識別ネームウェル
=all clear        全ての条件をクリアー

The operative method program was read. 術式プログラムを読み込みました

Everything is ready now, sir. 全ては今準備ができています

Is it all right?  よろしいですか?

Yes / No はいまたはいいえ

Operative method program is exercised=【HELL Blade:Lv.9】 術式プログラム【ヘルブレードレベル9】を発動します




これらの動作を携帯型デバイスで行う。

近接・遠隔・支援の3つをベースにする

武器召喚(対象自分)、必殺技(対象敵)、能力上昇(対象自分・味方)などの術式を発動

術式にはMPみたいにエネルギーを消費する





なんかこういうのの設定を考えてみた。

あーこんな感じの能力バトルが書きたくなってきたぞ・・・浮気はいけませんねごめんなさい

機械とか、プログラムとかに憧れを抱く今日この頃です。

かっこいいもんね。夢だもんね。



なんだか今日は疲れて、頭が痛くなってきたのでこれで。

なんか厨二くさいのはデフォルトです
それでは~
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

wktk

3702dcea.jpg
e3aef5bb.jpg


こんにちは。
冬休み突入しましたが、何もする気になれません。ああ、だるい。

今年は年末にコミケに行こう!という事になったので、skype等で作戦を練っています。

さて、アクセルワールドとソードアートオンラインアニメ化決定して久しいですが、放送は4月スタートとの事。

双方とも大好きな作品なので、期待しながら待っています。



VITAが爆死したようです。

初期不良の嵐に、修理費要、買取不可と、購入者にはショッキングな出来事が多いでしょう・・・。

ざまあwwwww

・・・失礼しました。

やっぱり様子見して正解でした。危ない危ない。



もうすぐ2012年ですね・・・。思い残す事のないようにしていきたいです。

まぁ、年明けだって何が変わる訳でもないんですけどね

気持ち的に。そう。

それでは。

| 未分類 | 19:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とぃってr

twitterをそのまま打つととぃってrになる。

おもしろいね。


twitterをはじめてみた。今更かとか、時代遅れとか、そんなのは知らない。

別に僕はコミュニケーションツールを欲している訳ではないのだから。

つまりは、感じた事、考えた事を瞬時に、お気楽にネット上に軌跡として残せるツールとして、twitterを選んだのだ。

かつての分家に似た感じかも知れない。

誰にも聞かれなくていいけど、もしかしたら誰か聞いているかも知れない。

そんな感じが好きだ。

周りなんて気にしたくないけど、それでも見てくれる人がいるとうれしい。
自分勝手だとつくづく思う。

意味のない痛いつぶやきばかりだが、HPのほうに貼ってあるので暇つぶしにでもどうぞ。

それでは、また会いましょう

| 未分類 | 01:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

繰り返しの繰り返しを行いながら、繰り返し笑う人と繰り返し怒る人が繰り返しすれ違って繰り返し違う物語を産むと繰り返し僕は思う

こんばんは。

なんか前回は人の善意は素晴らしいだの言っていましたが、今回は悪意についてでも。

自分は、老人が嫌いです。

もちろん老人と一言に言いましても、良い人もいれば悪い人もいるでしょう。

自分も社会にかかわりながら、その両方と接する機会があります。

ですが、なんだかんだで一番マナーや行儀が悪く、ふてぶてしくて見ててぶん殴りたくなるのは50過ぎくらいの老人です。


何ヶ月も前の話ですが、電車に入って早々ご老人が一般席に座る女子高生に「年寄りを労わらんか!若者が座るな!席を譲れ!!」などと怒鳴り散らし、杖を振り回し、その女子高生は涙目で震えていました。
結局リーマン風の人2名に宥められ、駅に着いたところで駅員さんの所へ連れて行かれてました。

実際こういう人いるんだなぁとびっくりしました。

言っておきますが、一般席では席を譲る義務はありません。
優先席やシルバーシートでは譲るのは義務です。(というかこういった席には最初から座らないようにしましょう。)

お年寄りやけが人、妊婦さん、子連れの方に譲るのはあくまで「善意」で行う事です。
それが、このように善意を求めるなど言語道断、マナー違反も甚だしいです。

どうしても座りたければ、「申し訳ないが席を譲っていただけないだろうか」とそれなりの態度で頼むか、優先席に行くか、次の電車まで待つか、誰かが譲ってくれるまで待つかすればいい。

このように命令口調で譲れ!などと迫っても、それは譲ってもらう、ではなく奪う、だろうが!と思いました。

上記のような方々に席を譲る方は多くいらっしゃる事でしょう。
自分も、老人やけが人等がいれば譲ります。

しかし、この老人のようにいきなり「席を譲れ!」などと怒鳴られたのでは「誰がこんなくそじじぃに席を譲るものか!」と思ってしまうのは至極当然の事。

社会的弱者の地位を利用して、
本来譲る側の善意であるはずの行動を、顔を真っ赤にしながら求めるというのは、それはもう酷い醜態です。

老人を労われ、敬えというのならば、先ず自分が相手を敬うべきでしょう。


敬いには敬いを、不敬には不敬を、礼には礼を、無礼には無礼を。こうなるのは仕方ないんです。
人間そんなに出来ちゃいないんですよ。頼む時は相手を敬い、年下に敬語使えとは言いませんから丁寧に言いましょう。



こういった老人は自分が「歳食ってるからえらい」とでも思ってるんでしょうか。
全くそんな事はありません。

彼らが長く生き、多くの経験を積み、そしてそれに見合う合理的で知的な行動をとるから尊敬されるんです。

だって年上だからってホームレス尊敬しろとか言っても無理でしょ?そういうことですよ。


人生の大先輩で、長く経験を積んで、精神もそれなりの境地に達しているはずの彼らが、小学生顔負けの我侭っぷりを発揮して、マナー無視の傍若無人な態度を取るとか、
そんなの尊敬できるはずがありません。

むしろ哀れみの目を向けてしまうでしょう。



貴方方は最近の若者は~ とか愚痴りますけど、
俺から見ればあんた達のほうがよっぽどひどいですよ。

ちゃらちゃらした土方ですら、礼儀は持ち合わせています。
逆に歳食った土方はそれはもう非常識極まりないですけどねww

まぁそういうわけで、心根の腐った老人はさっさと○ねばいいと思うよ。うん。

逆に、丁寧で常に余裕をもっているような方は、尊敬できるしかっこいいなって思います。
歳をとったら、そんな人になりたいですね。

| 未分類 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いまさらだけど

こんばんは。

久しぶりの更新です。

テスト終わりました。

終わりました……。



いまさらですが、善意というのは素晴らしいものだと思います。
最近はなかなか物騒な世の中で、悪意が目立ちがちですが、やはり社会を成り立たせているのはたくさんの善意です。

自分も最近はそんな事忘れがちでしたが、社会とかかわっていく上で、多くの善意と出会いました。

自分も、善意の一人であれるよう精進していきたいです。




さて、火曜土曜とカラオケにいきました。

採点では、90点台を出せるようになってきました。
曲のサイクルが激しいので、今後とも新曲開拓を続けていこうと思います。


水曜日は芸術鑑賞会なるものがありました。
劇団アルファーさんの「メッセージ」

さまざまな事情を抱えた6人が、戦時中にタイムスリップし、特攻隊員やその恋人達と触れ合いながら、
現代では失ってしまった温もりを思い出す物語です。

不覚にも感動しました。


では、寒い冬が到来しますが、(既に寒いですねぇ……)皆様風邪を引かないよう気をつけてくださいね~

| 未分類 | 23:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。