Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きんきょーほーこくー

近況報告です

先週の木曜日に体育祭がありました

とくに感想はなし。


その後、雨の中打ち上げに行きました。

が、予約がとれずマックに避難。

20人あまりでマックの一室を占領。

その後一人2500円の焼肉食べ放題の予約をとることに・・・。

俺は金あるからいいけど、皆金持ちだなwwwww



体育祭は暇でつまらなかったけど、打ち上げは楽しい時間を過ごせました。




日曜日は遊びました。

月曜日は放課後カラオケいきました。

歌広いったのですが、DAMがクソすぎて萎えました。

今後のために、いろんな曲を練習しときました


終わり。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

sensation world

401222125.png

おおイギリスかわいいー











気がついたら音楽が2000曲、画像が5000枚に・・・

整理が大変だー(棒)

最近は鏡音さんの曲をよく聞きます

癖があって苦手意識を持っていたけど、探してみれば聞きやすい曲もありますねー

しかし、数時間漁っても気に入る曲は2~3曲とかザラだし、根気が必要だなぁ

再生数20~70万くらいが一番当たりが多い気がする

もっとも、ミクさん以外のミリオン超えはけっこう限られるんですが。




話は変わりますが、嫌いなアーティストさんの曲を思い切って聞いてみると、以外に好きになったりしますね

「悔しいが、認めてやる!」みたいな(意味わからないですね)

変な固定概念を持っていると楽しめるものも楽しめなくなると学びました。

ただし韓国お前は駄目だ。




あskdさdllさ

↑これを読んで、けっこう共感する部分があった

形は異なるものの、昔ランキング戦争に明け暮れていたころは、
楽しむというより義務感のほうが大きかった

順位が下がると精神が不安定になり、イライラする

もはや何のためにブログをやってるのか分からなかった

何事も楽しむこと、ほどほどが一番と言うことを認識させられました

今は気楽に生きていると思う。
特につらいと思う事はない。めんどくさーって思う事はあるけれど。

ただ自己主張は減ったかな。諦めに似た感覚。言いたい事は心の中で吐き捨てて終わりでいいやって感じか。

つまらない事で怒る人をみては内心呆れる。
もっと周りを見てほしいと思うよ

どんなことでも楽しめる人は尊敬する。
そういう人は一緒にいて楽しいな。

自分はだいぶ気分屋だし、マイペースだけど、そういうところは気を付けていきたいと思う。

珍しく文書いたから疲れたなりけり

糸冬了

| 未分類 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まどか★マギカ

ブルーレイ5巻の付属CDが豪華すぎてワロタ

杏子とさやかのキャラソン、作曲者はなんとボカロPのwowakaさん

サビの部分がwowakaさんっぽかったwww

そしてドラマCDではマミと杏子のストーリー。

簡単にまとめてみる。

(物語が物語りなために、一部のファンに不快な表現があると思います。嫌な方は飛ばしてください)

魔法少女になって1年ちょいの杏子が、隣町で取り逃がした魔女を追って見滝原へ行く。

魔女空間に入ってしまったまどかとさやかを結界の外に誘導した後、牛角魔女と戦闘開始。

魔女に拘束されピンチなところにマミ登場。

マミの支援を受けて魔女を撃破。

マミの縄張りに入った事を気にして、「縄張りに入ってしまったのは申し訳ない。自分が逃がしてしまった魔女自分ではけじめをつけたかったんだ」と話す杏子。

共に正義の志を持つ杏子とマミは意気投合し、杏子はマミに弟子入りする。

その後マミに魔女狩りのコツをいろいろ伝授してもらう。

マミ「佐倉さんにも必殺技を考えないとね……」

杏子「戦闘中に必殺技を叫ぶって言うのはどうかと思うんですが・・・なんかふざけてるような・・・」

マミ「あら、先輩のやりかたにケチをつけるっていうの?」

杏子「い、いやそんなわけじゃ」

マミ「もう怒ったわ。罰として次の戦闘中に必殺技名を叫びなさい」

こうして杏子はロッソ・ファンタズマ(赤い幽霊)という必殺技名を貰う。

(杏子の固有魔法は、分身を作り出す幻術。最大13人まで増える)


その後杏子の教会で食事をしたり、(マミいわくこんな温かい食卓は久しぶり)

杏子が約束どおり必殺技名を叫ぶも、あまりに中二過ぎて噴出したり和やかムードが続く。



しかし、その後杏子の一家が心中。

杏子はショックから固有魔法の幻術を失い、槍による突撃で魔女を撃破する。(7話のさやかみたいな感じかな)

どうして幻術を使わないのか問い詰めるマミに、全ての魔女は突撃してぶった切ればいいんだという杏子。

杏子「あとさぁ、使い魔を狩るのはやめにしよーぜ。無駄な魔力は使いたくない」

マミ「無駄って・・使い魔が人を襲うのは知っているでしょう」

杏子「あんな、放っておいても死にたがるやつらなんて守る価値ないじゃん」

心中が原因と察したマミさんが慰める。

マミ「気持ちはわかるわ・・・でも自暴自棄になっては駄目よ」

杏子「分かるかよ!交通事故で死んだのと、自分の勝手な願いで死ぬのとじゃ全然違うんだよ!」

見滝原を出て行こうとする杏子をマミが止めようとするも、突破されてしまう。

また一人になったと呟くマミ。


場面はかわり、ほむらと杏子の作戦会議。

「そういえば、昔二人でこうやって作戦を立てていたな・・・」と杏子がぼやく。

「それは・・・ひょっとして巴マミ・・・?」

「なわけねーだろ。さっさと会議続けるぞ」





とまあこんな感じ。

本編ではなかったマミ杏の絡みと言うことで楽しみにしていましたが、なかなかヘビーな話でした。

本編で「マミのやつがくたばったと聞いて」と杏子が言っていましたが、裏ではどんな事を考えていたんでしょうかね・・・

ちなみに自分の中では9話が最終回(ゲフンゲフン

| 未分類 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕らの嵯峨

こんにちは

学校はじまた

文化祭近づいてるけど、一回しかダンスの練習してねーww

あ、マイケルジャクソンの踊りをやるみたいです。

もうテンツクの踊りでええやん・・・

個人的には、休憩所(出し物なし)でいいんですが、女子共が張り切っちゃって・・・

どうすんだよあと4日だぞww




僕らのサーガは、ランク変動がおきました

一時期、90位まで上昇。しかしその後、少しサボっただけで110位まで後退。

現在100位ちょいくらい。

つーか皆は周回プレイでレアアイテムとかボーナスがいろいろあるのに、俺は何にもないからめっちゃ不利。

これからも厳しい道のりになりそうだ・・・



兵士を量産したので、付近の村へ襲撃。

しばらくするとその人から停戦要請メールがくる。

丁寧なメールの場合は、丁重に無条件停戦する。

本当は俺の傘下に入れとか、定期的に資源寄越せとか言いたいんですが、相手も楽しもうとゲームをしているわけですからひどい扱いはできないんですよねー・・・

俺優しい!!
だったら襲撃をやめろって?あーあー聞こえなーい


前のプレイでは、

相手の首都を破壊し尽くした挙句、副村を奪い、

相手「どうして攻撃するんですか。なにか恨みでもあるんですか」

という手紙に対し、

俺「そこに村があったから」

と返信。

相手「ゲーム辞めますさようなら」

対人戦略ゲーなのに、なんで攻撃するんですかとかお花畑もいいところwwwばーかwwwなんて思ってました





最近は記事を書いては途中で飽きてやめるってのが多い。

めんどうくさい

なにか改革がほしいぜー

ブログじゃなくてHPなんてどうだろう

昔作った謎のHPはまだ残っている・・・がログインできないオワタw

どうしたものかなw

| 未分類 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶうんぶん

aa

| 未分類 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。