Excuse me

君が笑って 僕が支えて それでいいじゃないか なんて笑って

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

儚さ満ち満ちて死ねばいいのに



こちら


お久しぶりかどうかは分からないけど、お久しぶりです。

今回は、久しぶりに小説を書いたので、というより完結させたので、貼っておきます。良かったら読んでください。

あらすじ

夢を見てしまうと死んでしまう世界で、夢を追い求める少女と少年。
やがて二人が知る事となる、夢の秘密とは?

みたいな感じです。

大学生になって一年以上が経過しましたが、その間、ずっと僕はスランプでした。
それはもう、最高傑作が高三の秋に書いたジャッジメント・エヴィデンスな時点でお察しなのですが、その原因は確実に文芸部と言う存在にありました。
僕は文芸部に所属していて、文章に関しては他の追随を許さないくらいの分量の小説を投稿し続けていました。
ちょうど、現代のアメリカVS世界の軍事力のように、僕は単体で、その他全員を相手取っても量で勝るという状態が続きました。
それは僕が意図的にやっていた事ですし、誰を責めることも出来ない(強いて言うなら自分を責めるべきだ)のですが、その状態自体が重荷になっていたのもまた事実でした。
とりあえず書けばいい。みたいな感じで、執筆自体に楽しさを見出すことが出来なくなってしまっていました。
まぁ僕は、文章というものにアイデンティティを求めすぎていたのでしょうね。

近頃になって文芸部にも後輩が入って、それから同級生も入って、毎日が楽しくなって、文章に拘る必要もなくなった、というのが大きな要素でしょう。
4/19の0時に執筆を開始し、7時に描き切りました。
描き切って、適当に外の空気に当たって、それから風邪が再熱し、今の今まで寝てました。そらそうだ。徹夜で書いたらそうなるわ。
そんでしばらく寝て、「よし。起きてもいいだろ」と思って起きると、ものの数分で眠気が襲ってきて、また床に就くというニート生活を送っていました。
まる一日眠って、今ようやく回復しました。
昨日投稿するぜとか言ってたのは、あれは嘘だ。状態になってしまいましたが、とりあえず勘弁して下さい。

この小説は、間違いなくターニングポイントとなるでしょう。
こんなにも楽しく小説を書くことが出来たのは、すごい久方ぶりのことでした、高校時代に回帰したみたいでした。
スポンサーサイト

| ウェルの創作活動 | 17:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レヴァリエのイラスト

revarie (2)



文芸部の部誌『夢幻』に掲載予定の『レヴァリエ』より、レヴァリエちゃんです。
中途半端に色塗ってるのは仕様です。作品にそういうシーンが出てくるからです。

左の変な生き物は蝶々で、文字はレヴァリエです。スタイリッシュにしようと思って、細く書いたら読みにくくなりました。

部誌の発行に前後して、HPのほうに本編を載せようと思うので、その時は是非読んでいただけたら幸いです。
内容は、「夢の中の少女に恋した大学生の物語」です。
序章だけ載せときます。

≫ Read More

| ウェルの創作活動 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うわぁあああああ恥ずかしくてまともに読めない><

    /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄`ヽ、.| .\
  /: : /:/: : : : : : : :ヽ: : : : : : lヽ、: : : : : : : : : :l、::|,: : \
./: : : :/ `/: : : : : : : :/´ヽ、: : : :| |ヽ、: : : : : : : : |、_l、: ::
´: : : :/  l': : : : : : : ::/.|、_|\: : ::|__|,-|ヽ : : : : : : : :|'゙  ∨:
: : ::./  |: : : : : : : :/| | | |\: .| | | `l、: : : : : :.|    ∨
  /   |: : : : : : /,,,==、、| | .|\! !=,,,| ヽ: : : : :/
. /     |: : : : : /.ll、 )ll|  !. | |l  ll|l |\: : : /l
/     !、: : :/  ゙゙==''      ゙゙=''゙゙  /ヽノ /
 ___   ゝ、:|     !~~~‐      .| |::ノ  なにこの黒歴史!!
 \,      \.|、    |::::::::::::::::::|    / /'´
 /         `ヽ、_  |:::::::::::::::::::| ___ノ゙∨
  ̄ ̄        `ー--,-、―,''''
                 , '´l. :ヽ,./ `lヽ
                / ,∧ ノ-、 /、, `l,,
           /  / ''└┘` ヽ . !,

やべえwww過去に書いたものって黒歴史化するよな・・・
今まさにそんな感じ。読むのが空恐ろしくてまともに読めない><
( ゚∀゚)o彡゜黒歴史!黒歴史!

まだギャグならいいけど、真面目に中二病だろコレ・・・
ボカロって中二っぽいから仕方ないんだけども・・・
まぁ現実を受け止めよう。このときの僕があったからこそ、今の自分がいるんだ、と。

そういや昔東方の絵を大量に書いてみたけど、今改めて見るとひどいwww
バランスがやヴぁいwwwwどうしようもねえな。
今の絵も、きっと将来見たらひどくみえるんだろーなぁ・・・
小説も。
全てが黒歴史化していく!恐ろしい、黒歴史の嵐!!!

↓黒歴史



ウェルです
駄文投下

テトとミクの少しすれ違った、短編小説です

昨夜寝る前に一時間ほどで書き上げたからクオリティは低い。

少しずつ修正を加えていくつもり。

今のところ続編は考えてません。

前半のピンク色はテト視点、後半の青色はミク視点です

Q なんで二人はすぐに仲良くなったの?

A それはね、物語だからだよ(藁)

Q2 どっちが喋ってるのか分からない

A2 そんくらい察しろって下さい

それでは、駄文ですがどうぞ。(追記へどーぞ)

≫ Read More

| ウェルの創作活動 | 13:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。